更年期で汗が止まらない!ホットフラッシュの対策

更年期障害になった時の代表的な症状の中に「ホットフラッシュ」があります。

具体的な症状は、汗かき、動悸が速くなる、顔が紅潮するなどです。

今までは平気だったのに、中高年になってから急に多汗症になった、顔がすぐ火照る、首や脇、頭に大量の汗をかくようになったという方は、ただの加齢が原因ではないかもしれません。

ホルモンの働きが悪くなり、更年期になったことで起こっている可能性もあります。
ここでは、ホットフラッシュ特有の症状やその対策についてご紹介していきます。

今ホットフラッシュにお悩みの方がいれば、ぜひご参考にしてみてください。

こんな症状はありませんか?

現在、よく次のような症状が出るという方がいたら、それは更年期障害によるホットフラッシュなのかもしれません。

  • 急に顔が紅潮することが増えた
  • 汗かきがひどい
  • 気温に関係なく体がカッカカッカ熱くなる
  • 最近になって多汗症になり始めた

ホットフラッシュによって大量の汗かきになる人が多く、首周りや頭、顔、背中、胸など主に上半身を中心に大量の汗が出ます。

家の中だけで起こるならいいですが、外出先、勤め先でなってしまう場合は仕事に支障をきたすこともあり、そのままにしておくのはツライですよね…。

いつホットフラッシュが出るか予測できないため、事前に準備しておくことができません。

ホットフラッシュによって大量に出た汗は、通常なら5分程度でおさまりますが、個人差もあって長い人だと10分から30分続く場合があります。

これだけ長く続くとさすがに自分自身も不快です…。

ホットフラッシュは季節や室温に関係なく多汗症になってしまうため、事情を知らない人からは理解されにくいのもつらいところです。

ホットフラッシュになってしまうメカニズム

加齢によって女性は閉経に近づいてきます。

閉経に近づくにつれ、女性の卵巣機能も低下して女性ホルモンも減少していきます。
しかしこの大きな変化に脳がついていけず、自律神経が混乱してしまうのです。

更年期になるとホットフラッシュ以外にも、精神的に不安定になるなど心身共に様々なトラブルが出てきますが、これは自律神経がバランスを崩しているサインでもあります。

女性ホルモンの分泌が悪くなることで、自律神経の調子も狂ってきてしまうのですね。
すぐに体もこの変化に適応できればいいのですが、すぐにできないため更年期には不調が続きます。

かといって一生続くことはなく、閉経してから数年たつと、だんだんと体も慣れてきて環境についていけるようになります。

このタイミングで更年期障害もようやく落ちついてくるのです。

女性が閉経する年齢は50歳前後と言われています。

その10年前から更年期のリスクが出てきます。
そのため、40代半ば頃から更年期障害で悩む女性は増えてきます。

ホットフラッシュをはじめ、様々なトラブルが出てきて生活や仕事に支障をきたす人も多いです。

ホットフラッシュにうまく対応するには?

ホットフラッシュは更年期障害の1つだから仕方ないというのは分かっているものの、そのまま何も対策せず我慢しているのも嫌ですよね。

更年期中にホットフラッシュを完全に治すのは難しいですが、緩和するのに役立つ対策法はきちんとあります。
それをやるかやらないかでも、ホットフラッシュのストレスが違ってくるでしょう。

ツボ押し

簡単な対策法の1つは、ホットフラッシュを緩和するためのツボを指圧することです。
ホットフラッシュのせいで大量に汗をかいてしまう人は、【合谷(ごうこく)】というツボを押すと効果的です。
どこにあるかというと、親指の付け根にあるツボです。

大豆製品を率先して食べる

そもそも更年期障害が起こるのは、女性ホルモンの分泌が少なくなるからです。

女性ホルモンの働きを活発にしてくれると言えば、大豆イソフラボンも代表的な例です。
急激に女性ホルモンを増やすことはできなくても、減りつつある女性ホルモンを活性化するのには役立ちます。

食品から大豆製品を多くとればいいので、対策としても簡単ですよね。

といっても、実際一日のうちに大豆製品を大量に食べるのはきついものがあります。
量にも限度がありますよね。

そのため、全部を食品から得ようとするのではなく、イソフラボンが含まれているサプリメントを活用するのも効率的です。

小さな粒を飲むだけで、十分なイソフラボンを摂取できるものもたくさん出ています。

普段の食事でも大豆製品を摂りつつ、食べきれない分はイソフラボン入りのサプリメントで補うというやり方もおすすめです。

女性ホルモンの働きが活発になってくれば、ホットフラッシュなどの更年期障害も和らいでくるでしょう。